ぽんこつ,まとめ,ニュース

    韓国


    o-RUSSUN-GORELY-facebook

    1: Ergo φ◆FdDsU0B5ivx5 2015/04/09(木)09:42:48 ID:???
    ・ はまやねんの学生時代のTwitterアカウントが特定され、「日本オワタ。中国と韓国とロシアに
    一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」というツイートが見つかる

    非公開中:https://twitter.com/hamaneryota
    魚拓:https://archive.today/k9CYy https://archive.today/UwSqu
    写真:
    57f31f8c4f05d91547639df7b2336bff6a42614e
    http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/e/9/e9ffa94b.png


    ・バズーカー公式Twitterアカウントで「 8月6日になんか出来るようになりたいなー!」
    とやはり8月6日を意識していることを示唆する2年前のツイートが発見される

    削除済み:https://mobile.twitter.com/86bazookaaaaaa/status/364684049958187008
    魚拓:https://archive.today/i7axt
    写真:
    rassunn0056
    http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/f/4/f45948a5.png

    ・はまやねんこと浜根亮太の過去の日記ブログがみつかり、リレー1位をとれるほどには
    足が速かったり、未成年飲酒して吐瀉していたことが発覚(日記1)

    削除済み日記1: http://swap-note-dr.jugem.jp/?eid=494
    魚拓:https://archive.today/19kGU
    写真:http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/5/0/5028bee7.png

    ・ はまやねんの日記で「世界の車窓からは日本はクソって思える番組やから幸せ」
    との記述が発見される(日記2)

    削除済み日記2:http://swap-note-dr.jugem.jp/?eid=749
    魚拓:https://archive.today/36aUF
    写真:http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/9/6/96821018.png

    ・はまやねんの日記で「 イペリットと言う毒ガスが昔戦争で使われていたと言う情報を
    小6の修学旅行で得て」独自の新しい単語を作る遊びをしていたことが発見される

    削除済み日記3: http://swap-note-dr.jugem.jp/?eid=485&pagenum=1
    魚拓:https://archive.today/shxBy
    写真:http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/a/1/a108e558.png

    【【自白】8.6秒バズーカ、反日発言のツイートと日記が大拡散されたため全て削除…魚拓済みなので安心して閲覧可能[4/9]】の続きを読む


    EFBC9AEFBC9AEFBC9AEFBC9AEFBC9AEFBC9AEFBC9Anews2005113_6

    1: タイガースープレックス(宮城県)@\(^o^)/ 2015/03/21(土) 18:02:14.08 ID:MaSnf82u0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
    竹島より韓国側の島も「日本領」明の役人が記載

    李氏朝鮮の宗主国だった明の役人が日本の地理についてまとめた「日本図纂(さん)」(1561年)に、
    韓国領の鬱陵島(ウルルンド)が日本領として記載されていることが、島根県竹島問題研究会の調査で
    分かった。

    韓国が不法占拠を続ける竹島(隠岐の島町)は、鬱陵島より日本側にあることから、同研究会は「明は
    竹島も日本領として認識していた可能性が高い」としている。

    同研究会によると、日本図纂は倭寇(わこう)対策などの一環として、地理学者でもあった明の役人が
    編集した。掲載された地図には、当時は「竹島」と呼ばれていた鬱陵島が、「因幡」と「伯岐(伯耆)」
    (いずれも現在の鳥取県)の北の日本海に記載されている。

    一方、同じ役人が1562年頃に李氏朝鮮の地理をまとめた「朝鮮図説」には、朝鮮半島の周囲に済州島や
    珍島などの記載はあるが、鬱陵島はない。

    日本図纂の地図では、鬱陵島の西側に「隠岐」が描かれており、実際の位置関係とは異なる。当時は
    鳥取の住民らが鬱陵島に渡航していたこともあって、因幡や伯耆の近くに鬱陵島を描いたのではないか、
    と同研究会はみている。

    鬱陵島について、韓国側は512年に新羅に編入され、竹島とともに領土になった、と主張している。
    1696年、江戸幕府は鬱陵島への渡航禁止令を出したが、それ以前は、幕府が鳥取藩主に鬱陵島への
    渡航を認めていた。(寺田航)

    no title

    no title

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150320-OYT1T50153.html
    【竹島より韓国側にある島も「日本領」 1561年に明の役人が記載 韓国の主張、崩れる】の続きを読む


    41874c12bc494f9bc0b35ae9094854a6

    1: 中年'sリフト(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 08:19:06.56 ID:5lX7H4Bk0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/ii.gif
    怒りを抑えられない障害、若い男性を中心に急増

     2月24日午前1時ごろ、キムさん(36)はモーテルで交際中の女性と飲酒をめぐってトラブルに
    なった。言い争いの揚げ句、女性がモーテルを出ると、立腹したキムさんはライターでベッドの
    シーツに火を付けて、モーテルを全焼させた。この放火により、宿泊中だった40代の男性1人が
    死亡し、50代の女性ら7人が負傷した。炎が大きくなると、キムさんは自ら警察に通報し、自分が
    取った行動を悔いた。精神科の医師たちは「キムさんの突発的な放火は怒りをコントロールでき
    ない爆発性の行動障害が表に出たケース」と分析した。

     瞬時の怒りを抑制できなかったり社会的規範に適応できなかったりして対人関係の摩擦や怒りの
    表出などの問題を引き起こす人格および行動障害を患う患者が少なくない。健康保険審査評価院が
    2日に発表した「成人の人格および行動障害」についてのここ5年間(2010-14年)の資料を見ると、
    1年間の患者数は1万3000-1万4000人に上る。また男性が女性に比べて2倍以上になることが分かった。
    (中略)
     人格障害とは正常な社会的機能を遂行する上で障害を引き起こす性格異常のことで、疑い深くなり、
    冷淡さや攻撃性などが持続的に表れる場合をいう。絶えず対人関係に問題が生じたり、さまざまな
    ことを疑ってみたり、法や倫理に背く行動をためらわなかったりする。「習慣および衝動障害」は、
    明確な動機のない反復的な行動が特徴で、病的な賭博、放火、盗癖などがある。怒りを調節できず、
    雰囲気にそぐわない爆発的な怒りを表出するケースもこれに該当する。
     明知病院精神健康医学課のキム・ヒョンス課長は「幼いころに自分の欲求や葛藤を解決する過程
    で家庭と学校教育を通じて適切な社会化が行われなければならないが、過保護やゲームへの没頭、
    一人ぼっちの生活などで、そうした経験ができないまま成長してしまった結果だ。男性がより攻撃的
    で暴力の程度がひどいため、病院を訪れるケースが女性より多いが、内的障害の要因は女性にも多い」
    と説明する。(以下略)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/21/2015032100991.html 👀
    【韓国紙「怒りを抑えられない障害、若い男性を中心に急増」】の続きを読む


    plt1502120001-p1

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/03/12(木)22:48:36 ID:???
    停車したバスから降りたカップルが歩道を歩き始めたら……ドスン! いきなり道路が陥没し、
    2人はあっという間に地中へ消えた。韓国・ソウル中心街の龍山(ヨンサン)駅近くで2月20日に
    発生した道路陥没事故の瞬間を捉えた映像だ。
     
     彼の国では近年道路陥没が急増している。ソウルだけで2013年は854件を数える。
    一方、東京都では「都道での陥没は年間5件程度」(建設局道路管理部)だという。
    惨状の中でソウル市が頼ったのは日本企業だった。
     
     道路陥没の原因は地下鉄や下水道など地下構造物の老朽化に伴ってその周辺に空洞が発生することだ。
    ソウル市は地下の空洞探査を専門とし、「インフラの内科医」を自称するジオ・サーチ(東京都大田区)
    に試験調査を依頼。代表取締役社長の冨田洋氏が語る。
     
    「昨年12月にソウルの道路約60キロメートルを調査し、41か所の空洞が見つかった。
    放置すれば今回のような事故が頻発することになります」

    続き NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20150312_308666.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 14◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426033234/143



    【ソウルの道路陥没が年間854件の惨状 市は日本企業を頼った】の続きを読む


    20150308165849dsfp

    1: Ergo Proxy◆FdDsU0B5ivx5 2015/03/08(日)18:37:30 ID:???
    【社説】公共外交の重要性気付かせた“リッパート現象”
    2015年03月08日13時05分
    [中央SUNDAY/中央日報日本語版]

    まさに“リッパート現象”といえよう。5日に世宗(セジョン)文化会館でキム・ギジョンに襲撃された
    マーク・リッパート駐韓米国大使(42)が“アイドル級”の人気を集めている。彼の早い快癒を祈る
    メッセージがあふれている。1949年にジョン・ムチオ初代米国大使が赴任してからこれまで20人
    余りがその職を受け継いだがこうした現象は初めてだ。

    われわれは彼の「公共外交」に注目する。公共外交はソフトパワー資産を活用し外国の国民と直接
    コミュニケーションし、共感し、理解と信頼を高めることをいう。「ギブ・アンド・テイク」の冷たい
    原理に立った従来の政府間外交とは異なるアプローチ法だ。リッパート大使は公共外交が何なのかを
    全身で見せた。

    彼が昨年10月に41歳と過去最年少で駐韓米国大使として赴任した時には一部で否定的な世論が
    あった。オバマ大統領の側近だが、経験や経歴が浅くないかとの見方があった。だが、リッパート大使は
    5カ月余りこのような懸念を払拭してきた。会合に入場する時は主宰側が配慮した“善意の割込み”を
    拒み、他の人たちと一緒に列に並んだ。ソウルの大使公邸から世宗路(セジョンロ)の大使館まで
    歩いて出勤する時は路上で会う人たちと親しくあいさつを交わした。ツイッターとブログには韓国で
    暮す楽しさを率直に書き込んだ。ソウルで生まれた長男のミドルネームは「セジュン」にした。
    これまでのこうした行動と態度により最年少のリッパート大使に対する警戒感や距離を置く姿勢は
    武装解除された。80針を超えて縫う大手術を受けた後も「大丈夫です。一緒に行きましょう」と
    話した彼の懐の広さは「人間リッパート」の魅力を漂わせるのに十分だった。

    彼のスキンシップ公共外交は期待以上の効果を生んでいる。襲撃事件以降にメディアで騒がしく
    提起された韓米同盟弱体化の懸念は影も形もなくなり、むしろ両国関係は彼のクールな魅力により
    さらに厚くなりつつある。リッパート大使は一躍韓米同盟の“スーパースター”に浮上した。
    2002年に米軍の装甲車による女子中学生死亡事故と2008年のろうそくデモの時には
    反米感情が極に達したりもした。いまのリッパート効果はそれとは正反対の流れだ。それだけ
    公共外交の効果は大きい。

    韓国政府も2010年に外交部内に公共外交大使を任命して公共外交政策課と公共外交センターを
    新設した。公共外交の重要性に目を開いたが、まだ足踏み段階だ。外交官らの直接的な公共外交
    活動よりは韓流を前面に出し一方的な広報に偏っているのが現実だ。

    公共外交の需要はますます大きくなっている。これに対応するには多くの研究と緻密な戦略が
    必要だ。特にリッパート大使のように体で公共外交を示そうとする韓国の外交官の実践が重要だ。

    以下略
    http://japanese.joins.com/article/457/197457.html?servcode=100§code=110
    【アイドル級の人気のリッパート大使、韓米間のスーパースターに浮上 まさにリッパート現象】の続きを読む

    このページのトップヘ