a0276023_1801887

1: coffeemilk ★ 2015/04/12(日) 20:57:37.94 ID:???*.net
 新生活がスタートする春は、さまざまな場面で出会いが増える季節。新たな出会いの分だけ、ビジネスシーンはもちろん、大恋愛のチャンスというのもゴロゴロと転がっている。

そんな恋のシーズン、外見磨きはマストだが、合わせて意識したいのが“言葉遣い”。女性に比べ本質で勝負する男性にとっては、特に気を配っておきたいポイントだ。
そこで、ORICON STYLE elthaでは、20~40代の女性を対象に「思わずどん引きしてしまう男性の言葉遣い」についてアンケート(複数回答)。

その結果、約7割もの共感を集めた1位の【○○だお】(67.5%)を筆頭に、ネット用語に嫌悪感を抱く女性たちの本音が見えてきた。

世界的に注目を集める日本のオタク文化、そしてネット社会の浸透と共に、ここ十数年ですっかり生活に根付いたインターネット用語。
会話やメールなどで使用われることも当たり前の時代になったが、女性陣はそれを良しとしていない。

中でも【○○だお】は、夫や恋人はもちろん、気になる異性からは最も耳にしたくない事実。
「たとえノリでも『○○だお』とか使う男性は信用しない」(東京/30代)、「イマドキないと思った」(埼玉/30代)と、首を大きく横に振っている。
また、「イケメンであってもキツい」(千葉/20代)との声も寄せられ、これに関しては「※ただしイケメンに限る」も通用しないようだ。

 【だお】に続いて、2位は【ワロタ/ワラス】(57.5%)、3位には【もえー】(53.7%)がランクイン。

共に日常会話というよりは、メールやLINEの文面で見かけることが多いこれらの言葉、キャッチーで使い勝手が良いだけについ使用してしまっているという人が多いと思うが、
そんな現状に対して「笑えない」(北海道/30代)、「理由はないけど何となくイメージが悪い」(三重/30代)、
「どう返事をしていいか分からない」(長野県/40代)というように、女性たちは困惑している。

 また、それ以外にも【○○なんですけどー】(7位:26.7%)、【○○みたいなー】(9位:22.3%)、【っていうかー】(10位:20.5%)などの“語尾のばし”の言葉についても、
「バカにされている気がする」(岡山/40代/女性)、「特に意味はないけど腹立たしい」(東京/40代/女性)とマイナスイメージが。ノリで会話やメールで使っている男性は少なくないと思うが、女性たちの内心は凍りついている。

 今回、女性陣から寄せられたコメントを振り返ると、「イケメンでも嫌」との声が多く、言葉遣いがどれだけ重要な“モテポイント”なのかが分かる。
暮らしの中で染みついた言葉を直すことは、そう容易ではないもの。恋のチャンスを逃さないように、改めて自身の言葉遣いを見直してみては?
no title


http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2051385/full/

【女性の約7割がどん引き 男性の幻滅する言葉遣い1位は「○○だお」】の続きを読む