ぽんこつ,まとめ,ニュース

    才能


    b1f4a66a6ae8e7d0f4815c26a5f442aeb7c5541e1397928458

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/26(木) 21:12:34.16 ID:hIpmKHm70.net
    大塚明夫「声優魂」より
    http://ji-sedai.jp/book/publication/seiyudamashii.html

    (前略)
     酷い言い方かもしれませんが、大体の奴は〝駄目"なのです。

    にもかかわらず、声優志望者たちがまるでシンデレラのような甘い成功ストーリーを思い描いてしまうのは、それを体現している役者が実際に存在するからなのでしょう。

     たとえば、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ役で有名な林原めぐみさん、そして『名探偵コナン』のコナン役でおなじみの高山みなみさん。彼女らは二人とも、二十代になるまで声優になろうなんて考えていなかったそうです。
    それがあるとき突然声優を志し、あっという間にデビューしたのみならず、あれよあれよという間に一時代を築くレベルの人気声優になってしまったのだから大したものです。

     言うまでもないことですが、彼女たちにあって、普通の声優志望者に欠けているものは「才能」です。

     そこそこ才能のある人間が努力を重ねてやっと到達する領域に、いとも簡単に届いてしまう傑物がごく稀まれにいます。林原めぐみさんや高山みなみさんはそういう人種です。彼女たちの芝居はすごい。
    実際に見ている私も心からそう思います。芝居の勉強をしたことがなかったのに何でこの領域にいるの? とぎょっとしてしまうような役者なのです。

     そして、才能のない人間がどれだけ努力を重ねたところで、その領域には決して届きません。努力だけでもある程度まではいきますが、その先の一線を越えるには「才能」というパスポートがどうしても要るのです。

     才能の重要さについて語るのはとても難しいことです。なぜなら、芝居ひとつとっても「センスのある奴はほっておいてもできるし、できない奴は何を教えてもできない」の一行で済んでしまう話だからです。
    声優専門学校に通おうが養成所に通おうが、できない人にはできない。センスのいい人は放っておいてもどんどんうまくなる。
    理想の上では、学校などはこの「できない人」を「できる人」に育て上げる場所ということになっているのでしょうが、私の見てきた限りなかなかそうもいかないようです。

    続き
    http://ji-sedai.jp/book/publication/works/seiyudamashii.pdf
    【アニメ声優の大塚明夫「才能のない奴は何をやっても駄目」】の続きを読む


    70991

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/01(水) 23:35:33.26 ID:???*.net
    【藤田俊哉の目】異彩を放った宇佐美と可もなく不可もなかった香川。両者の立場は逆転した
    2015年4月1日 0時0分

    サッカーダイジェストWeb

    代表2戦目で初ゴールを奪った宇佐美。ポテンシャルを示すがごとく、早々に結果を出してみせた。(C) SOCCER DIGEST

     あんなゴールを見たのはいつ以来だろう。柔らかなタッチでゴール前へ侵入し、そのまま相手DFを置き去りにして、
    右足から放ったシュートで逆サイドのネットを揺らす――。代表デビューから2試合目となるウズベキスタン戦。
    宇佐美が決めた初ゴールは僕のなかで大きなインパクトがあった。

     チュニジア同様、ウズベキスタンも必ずしも強豪とは言いきれないチームだったし、試合終盤で相手の足も止まって
    きていたけど、あれほどのシュートを決めてみせた宇佐美を僕は褒めるべきだと思う。

     僕がなにより宇佐美を評価しているのはそのスタイル。ひとりでボールを持ち出してゴールを決められる選手という
    のは、これまでの日本にはあまりいなかったタイプだ。つまり、苦しい状況のなかで決めきれる選手は、チームに
    とって貴重な戦力になるわけだからね。

     連動して相手の守備を崩していく選手が多いなかで、異色の存在と言ってもいい。だから、個人的には、宇佐美の
    台頭をすごくポジティブに見ている。

     今回、期待どおり2試合目で結果を残したから、次は対戦相手や時間帯によってどんなプレーを見せられるかが
    ポイントになる。例えば、スタメンで起用されても結果を出せるのか、あるいはもっと強いチームとの試合でも
    同じようなパフォーマンスを発揮できるか、といったステップを踏むことになる。

     だけど、個人的な見方では、宇佐美はすでに攻撃陣の序列で言えば3番手につけているのではないかな。僕の
    評価基準はいたってシンプル。結果を出せば序列の順位も上がるということ。結果を出し続けることがなによりの
    基準だ。その点で言うと、1番手はなんといっても岡崎だ。今回の2試合でも連続ゴールを決めているのだから
    当然だよね。

     続く2番手は本田、3番手は宇佐美、4番手に香川だろうね。以降は乾、清武、武藤が続く格好。例えば、次の
    試合で僕がスタメンを選ぶならば、3トップは岡崎、本田、宇佐美、トップ下に香川。そしてベンチには、乾、
    清武、武藤、柴崎ということになる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9959568/
    【【サッカー】香川と宇佐美の立場は逆転した 藤田俊哉の目】の続きを読む


    05inue
     
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)12:28:34 ID:sWs
    例えば
    みかん・ATM・コンセント
    だったらこんな感じ
    no title



    【【お絵描き】みんなに言われた要素を詰め込んだゆるキャラを描く】の続きを読む

    このページのトップヘ